介護アイデア工房の原点

介護アイデア工房の原点

私が、介護アイデア工房を始めた切っ掛けになった製品です。

母が倒れ片麻痺になってしまい、従来の車椅子では行けない所ばかり、車椅子メーカーを6社訪問してどこへでも行ける車椅子は無いのか探して歩きました。

すると全て「障がいを持った方をどこに連れていくんですか」と言われました。

でも障がいを持っている方が行きたいところに行ってはいけないのかと思う心が強くなり、いろいろ調べてもやはりない、なら自分で作ろうと思って、2年がかりでこの車椅子を作り、既に10年以上経ちます。

どこへでも行けるが、邪魔で折り畳みが出来るように。
折り畳みはできるが、ブレーキが欲しいとブレーキを。
使いながら安全に走行できる方法を考え。
砂浜も走れたらと、砂浜を走れる部品を製作し走れるように。
雪でも走れたらと、雪道を走れる部品も作り、積もった雪でも走れるように。
色々追加部品も作ってきました。

色々なご意見もあると思いますが、行けるものが有るだけでも・・・・
介助する方に負担が掛かるのでは、どこに行きたいともなかなか言えないのでは、少しでも負担のかからない物を作ることで、外出機会も増えるのではないでしょうか。
色々負担のかからない楽な製品がでて、選ぶことのできるぐらいになれば、条件に合わせることもできるようになるのですがね。
車椅子の基本的な形になって100年、そろそろ色々な形で色々なところに行けるようになればいいですね。

「どこでも行ける車椅子」製品説明>>

介護アイデア工房 YOUTUBEチャンネル>>

野中清次が伝えたい事カテゴリの最新記事